インフルエンザの治療薬の種類

インフルエンザの治療薬にはいろいろな種類があり、吸入薬や経口薬など服用方法も様々です。ザナミビル水和物は、世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬で、吸入薬のリレンザが該当します。A型とB型に対して有効とされますが、ノイラミニダーゼを持たないC型インフルエンザには効果がありません。発症後48時間以内の吸入によりウイルスの増殖を抑え、即効性が大きな特徴です。専用の吸入器を使用し、1日2回ずつ約5日間の吸入による治療が一般的ですが発症後48時間以上経過している場合、薬の有効性は低いとされています。ラニナミビルは第一三共によって開発された治療薬で、商品名イナビルの名で知られています。リレンザと同じ吸入薬で、A型とB型に作用することも同じですが、一度の吸入だけで約5日間作用するというメリットがあります。吸入量は、10歳以上が40mg、10歳未満は20mgとなっています。オセルタミビルは、スイスのロシュ社が開発した治療薬で、タミフルとして知れわたっています。発症後48時間以内に経口摂取することで、治療期間の短縮に繋がるほか、予防薬としての利用も可能です。リレンザと同様、発症から48時間以上が経過している時は、効果を期待することが難しいとされています。ペラミビルは、バイオクリスト社によって開発されたインフルエンザ治療薬で、日本ではラピアクタの商品名で知られています。点滴注射によって処方され、インフルエンザウイルスの増殖抑制作用は、他のインフルエンザ治療薬に比べ強いとされています。1度の処置で済み、用量を減らすことで乳児にも処方することができます。どの治療薬も、重症化を防ぐためにも発症後できる限り早い段階での投与が望まれます。

ページの先頭へ戻る